LACOCO COLUMN

脱毛の気になる疑問
2023.11.28
脱毛で毛穴が目立たなくなる理由と目立たせないためのポイントを解説

脱毛して毛穴が消えたら、誰だってうれしいと感じるはず。サロンで脱毛すれば毛穴が消えると噂されることもありますが、本当なのか知りたい方もいるでしょう。

結論から言うと、脱毛により毛穴が目立たなくなることはあります。しかし反対に脱毛で毛穴が目立つようになってしまうこともあるため、どのような方法で脱毛するかはとても重要です。

本記事では脱毛で毛穴が消える真相を解説するとともに、逆に毛穴が目立ってしまう原因や対処法を紹介します。脱毛できれいな肌を目指したい方は、ぜひ参考にしてください。

脱毛で毛穴が目立たなくなるのは本当?

「脱毛すると毛穴が消える」と聞いたことがある方もいるかもしれません。毛穴が消えてしまうことはもちろんありませんが、脱毛により「毛穴が目立たなくなる」ことは実際にあります。以下で理由を詳しく解説します。

脱毛により毛穴が引き締まる

脱毛をすると生えていたムダ毛がなくなるため、毛穴は徐々に引き締まっていきます。これは自然な現象のため、毛根からしっかりと脱毛することでツルっとした毛穴の目立たない肌を目指せるでしょう。

ただしカミソリなど、毛根まで処理できない方法でセルフ毛処理した場合は、あまり効果を感じられません。かえって毛穴が黒く目立つこともあります。

皮脂などの毛穴詰まりが軽減できる

毛穴からは皮脂や汗が分泌されていますが、角質や肌表面の汚れなどと混ざると毛穴が詰まる原因になります。ムダ毛があるとこうした汚れが毛に絡まるため、より汚れが詰まりやすいといえるでしょう。

脱毛によりムダ毛がなくなれば、汚れが絡みつく心配がありません。さらに毛穴に詰まった皮脂などの汚れを落としやすくなるため、毛穴が目立たなくなることが考えられます。

セルフ脱毛による毛穴トラブルが減

ムダ毛の処理はカミソリなどを使って自分でも行えます。しかしセルフ脱毛で毛穴を傷つけてしまったり、肌荒れを起こしてキメが乱れたりすると毛穴が目立つようになることがあります。サロンでの脱毛のように毛根や発毛組織以外に刺激を与えず、肌トラブルに配慮して行われる脱毛なら、毛穴の目立たない仕上がりが期待できます。

均一にムダ毛処理できる

サロンなどで行う脱毛は毛根から処理できるため、処理した後に毛穴が黒く目立つ心配はありません。また専用の機器を使用して行うため、ムラになることもなく全身の脱毛が可能です。また、自分では目視できない部位のムダ毛も、きれいに処理してもらえます。

セルフ脱毛の場合ムダ毛が中途半端に切れてしまったり、ムラになったりすることで毛穴を目立たせてしまうことがあります。しかしサロンなどで脱毛すればこうした心配がなく、毛穴の目立たない仕上がりが期待できるのです。

脱毛で毛穴を目立たせてしまう原因とは

脱毛で毛穴を目立たせてしまう主な原因は、安易に行った自己処理にある場合がほとんどです。以下で詳しく解説します。

カミソリによる自己処理

体毛は自然な状態のとき、徐々に毛先に向かって細くなっています。しかしカミソリでそると断面は太く角張った状態になり、毛穴を目立たせる原因になります。特に少しムダ毛が伸び始めた時期は黒くポツポツとして見えるため、気になりやすいといえるでしょう。

毛抜きによる自己処理

毛抜きによるセルフケアはとても手軽に毛根まで脱毛できますが、うまく引き抜けず中途半端に切れた毛が毛穴に残ることや、毛穴に傷がついて炎症を起こすこともあります。いずれも毛穴を目立たせる原因になりますが、特に毛穴の炎症は酷くなると肌荒れや色素沈着の原因になることもあるため注意が必要です。

自己処理を繰り返したことによる埋没毛

脱毛テープやカミソリは、ムダ毛を処理すると同時に肌表面の角質まで取ってしまうことがあります。頻繁に使用を繰り返すと肌への強い負担となり、乾燥やキメの乱れなどが現れやすくなります。

さらにターンオーバーが乱れると、肌は自分を守ろうとして角質を厚くします。角質が厚くなると肌がごわごわするだけでなく、毛穴をふさいでしまうことも。ムダ毛が毛穴の中に閉じ込められて埋没毛になると、毛穴が黒くポツポツと目立つようになります。

サロンで脱毛を受けると2週間程度毛穴が目立つことも

サロンで脱毛すると毛穴が目立つ期間があります。「せっかくサロンで脱毛したのになぜ?」と不安になる方もいるかもしれませんが、これは脱毛の仕組みによるもので心配する必要はありません。

脱毛方法にはSHRやIPL、レーザーなどさまざまな種類がありますが、いずれも毛根や発毛を促す器官にダメージを与えることで脱毛や抑毛を目指すものです。そのためその場で毛が抜け落ちることはなく、多くの場合施術から2週間程度後に抜け始めます。抜けるまでの間は毛穴が目立つこともありますが、自然ときれいになるため過剰に心配する必要はありません。

脱毛後に毛穴を目立たせないためのポイント

脱毛後に毛穴が目立つのを防ぐために役立つ、押さえておきたいポイントを紹介します。

カミソリやシェーバーは刃が新しいものを使う

カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理をするなら、刃が新しく切れ味の良いものを使用しましょう。刃が古く切れにくい場合、うまく処理できずに何度も同じ場所をそることになりかねません。同じ場所に何度も刃をあてると肌への負担になり、毛穴が開く原因になります。切れ味が落ちたと感じたら新しいものを用意しましょう。

電気シェーバーは切れ味が落ちても分かりにくい場合がありますが、1年~1年半程度を交換の目安としているメーカーも多いため、時期を決めて交換するのも良いでしょう。

念入りに保湿する

脱毛後の保湿は、毛穴を目立たせたいためには欠かせません。どのような方法で脱毛しても肌へのダメージが全くないわけではなく、脱毛後の肌はとても敏感な状態になっています。

乾燥や肌荒れが起きやすく、放置しておくとキメが乱れて毛穴が目立つ可能性があります。ボディローションやボディクリームなどを使って、しっかりと水分や油分を補いましょう。できればデリケート肌用や、脱毛後に使える専用のアイテムの方がより肌への負担を抑えられるでしょう。

紫外線対策をする

紫外線は日焼けだけでなく、乾燥やキメの乱れを招く原因にもなります。特に脱毛後は肌が敏感になっているため紫外線の影響を受けやすく、肌トラブルが出やすくなる可能性があります。脱毛後の肌が紫外線に触れないよう、日焼け止めや日傘などで保護しましょう。また脱毛を行う前に日焼けをしないようにし、もし日焼けをしてしまったら落ち着いてから脱毛することも大切です。

生理中のムダ毛処理は避ける

生理中の肌は揺らぎやすく、とても敏感な状態です。肌への刺激が肌トラブルに直結し毛穴を目立たせることになりかねないため、脱毛は控えるようにしましょう。同様に排卵日付近や生理前などに体調が崩れやすい、精神的にストレスになりやすい方は、こうしたタイミングも避けるのが安心です。

毛穴への負担が少ない脱毛方法で行う

自分で脱毛するなら、できるだけ毛穴への負担が少ない方法を選びましょう。電気シェーバーや家庭用の脱毛器などは、比較的肌負担が少ないといえます。しかしいずれもムダ毛が生える度に処理しなければならず、結果的に肌への負担が蓄積される可能性もあります。

サロンでの脱毛は毛穴への負担が少ないだけでなく、一定期間通えばムダ毛が生えにくくなることが期待できます。セルフケアの回数も減らせるため、毛穴の開きや肌ダメージが気になるならサロンでの脱毛がおすすめです。

脱毛で毛穴を引き締めることは可能!負担の少ない脱毛方法を選択することが大切

脱毛によりムダ毛を取り去ることで、毛穴が自然と引き締まります。しかし自分で深く考えず行っているセルフ脱毛が、実は毛穴が開くトラブルの元になっていることもあります。サロンでの脱毛は毛根や発毛組織にのみ刺激を与えるため、肌トラブルが起きにくい脱毛といえるでしょう。

ルミクス脱毛サロンLACOCO(ラココ)では、最先端のSHR方式の脱毛が受けられます。毛根からしっかり脱毛できるため、毛穴も自然と目立たなくなります。比較的低価格で痛みもなく、全身のムダ毛も最短6カ月程度で気にならない状態に。「毛穴の目立たない肌になりたい」「ムダ毛をなくしたい」方は、LACOCOでの脱毛も検討してみてください。