LACOCO COLUMN

自己処理とホームケア
2023.8.23
デリケートゾーンの自己処理のデメリットとVIO脱毛のすすめ

デリケートゾーンのムダ毛はシェービングやカットなどのお手入れが必須。女子の脱毛といえばまずはVIOと思い浮かべるほど、デリケートゾーンのケアは定着しています。
脱毛をしていなくても、ほとんどの方がデリケートゾーンのヘアをお手入れしているのでは? でもデリケートゾーンの自己処理は危険がいっぱい! そこでデリケートゾーンの自己処理のデメリットや正しいデリケートゾーンの処理方法、そしてデリケートゾーン脱毛のメリットについてお届けします。デリケートゾーンの自己処理で困っている方、デリケートゾーンの脱毛で悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

デリケートゾーンの自己処理とは? みんな何をしているの?

まずはデリケートゾーンの自己処理の種類や自己処理の方法についておさらいしておきましょう。

デリケートゾーンの自己処理は全剃りor形を整えるの2種類

デリケートゾーンの自己処理は全部剃るタイプと、形を整えるタイプの2種類です。すべての毛がなくなることに抵抗がある方は、Vゾーンだけ形を整えてIゾーン、Oゾーンは全部剃るなど一部分だけケアをすることも。最近はVIOすべてをつるつるにするハイジニーナを希望する女性が多い傾向です。

デリケートゾーンの主な自己処理方法

デリケートゾーンの自己処理方法の特徴をまとめておきました。あなたはどの方法でデリケートゾーンのムダ毛をケアしていますか?

方法仕上がり
カミソリT字カミソリやI字カミソリ等で剃る毛穴の中の毛は目立つ状態。数日でチクチク生えてくる
電気シェーバー電気シェーバーで剃るカミソリよりも仕上がりが粗い。早ければ当日か翌日にはチクチクしてくる
ワックス粘着性が高いワックスを塗布してムダ毛を根元から抜くしばらくキレイな状態が続き快適
毛抜き毛抜きでムダ毛を1本ずつ抜くしばらくキレイな状態が続き快適
除毛クリーム毛の主成分であるタンパク質を溶かす薬剤を塗布するI、Oゾーンには使用できない製品が多いワックスや毛抜きよりもキレイな状態は持続しないものの、カミソリや電気シェーバーよりもキレイ
家庭用脱毛器ムダ毛が生える組織に光を照射する定期的に照射することでムダ毛が減る効果が期待できる

この中で、現実的な自己処理方法がシェービングです。この他の方法は、痛みや苦痛を伴ったり、施術できる部位が限られたりするため現実的ではありません。とくにワックス脱毛と毛抜きは、Iゾーン、Oゾーンの痛みが強く大きな苦痛を伴います。

デリケートゾーンを自己処理するメリット&デメリット

デリケートゾーンの自己処理は、他の部位よりもデメリットが多くおすすめできません。それぞれの自己処理方法のメリットとデメリットを比べてみましょう。

メリットデメリット
カミソリ・コストがそれほどかからない
・気軽にケアできる
・痛み等を感じにくい
・すぐに生えてくる
・デリケートゾーンの色素沈着の原因になる
・生えてきたときにチクチクする
・カミソリ負けを起こしやすい
・細菌感染等を起こすことがある
電気シェーバー・デリケートゾーンへのダメージが少ない
・気軽にケアできる
・痛み等を感じにくい
・本体がカミソリより高額
・すぐに生えてくる
・生えてきたときにチクチクする
・色素沈着やカミソリ負けのリスクがある
ワックス・根元からキレイに抜けるので効果が持続する・痛みが強い
・毎回ワックス費用がかかる
・皮膚トラブルが生じるリスクがある
毛抜き・根元からキレイに抜くため効果が持続する・痛みが強くIゾーンはほぼ不可能
・毛の本数が多く、非常に時間がかかる
・毛抜きにより皮膚が傷つきやすい
・皮膚トラブルが起きやすい
除毛クリーム・刃物等を使わず、痛みがほぼない
・カミソリと同程度か少し長い期間効果が持続する
・除毛クリームを定期的に購入する必要があるためコストがかかる
・I・Oゾーンに使用できないものが多い
・粘膜へに付着させられないため使い方が難しい
・1週間程度で生えてくる
家庭用脱毛器・何度も光を照射することでムダ毛が減る
・ムダ毛の質が柔らかくなる
・すぐに効果が出ない
・痛みを感じることがある
・ムダ毛がなくなるわけではない

デリケートゾーンの自己処理は、他の部位の自己処理と比較するとデメリットが多いです。デリケートゾーンは皮膚が弱いため、他の部位よりも自己処理によるダメージを受けやすく色素沈着や炎症を起こしてしまいます。さらにVIOゾーンはムダ毛が生えるサイクルが早いため、自己処理の頻度が高くなり、よりダメージが蓄積してしまいます。

いずれの方法も、ムダ毛がなくなるわけではないので半永久的に自己処理を続ける必要があります。またチクチクと新しい毛が生えてくるため、痒みや不快感があります。

VIOのムダ毛は自己処理ではなく脱毛がベスト!

VIOのムダ毛を減らす、ゼロにしたいのであれば自己処理ではなく脱毛がおすすめです。脱毛とは脱毛サロンやエステ、クリニックでムダ毛を生えないようにする施術のこと。ここではVIO脱毛の仕組みやメリット、おすすめする理由をご紹介します。

VIO脱毛の仕組み

VIO脱毛とは、VIOゾーンにムダ毛を生やす組織にダメージを与える光やレーザーを照射してムダ毛を抑制する施術のことです。医療脱毛ではレーザーを使い、サロン脱毛ではおもにIPLという光を使用しますが、いずれも同じ波長の光を含んでいます。

サロンでもクリニックでも1度の施術では、脱毛は完了しません。個人差がありますが無毛状態にするためには10回以上の施術が必要です。

VIO脱毛のメリットとおすすめする理由

VIOを脱毛するメリットをチェックしてみましょう。

  • VIO脱毛のメリット
  • ■VIO脱毛のメリット ・自己処理によるダメージを受けることがなくなる
    ・頻繁に自己処理する必要がない
    ・生えてきたムダ毛によってチクチク、むずむずすることがない
    ・サロン脱毛なら施術のたびに肌質がキレイになっていく

デリケートゾーンは脱毛をしない限り自己処理を一生続ける必要があり、お肌へのダメージが大きいです。さらに毛が生える際に不快な思いをしますので、脱毛して早く自己処理の面倒くささやムダ毛が生える不快感から解放されたほうがよいですよ。

VIO脱毛ならラココの痛みレス脱毛がおすすめ!

これからVIO脱毛に挑戦しようとしている方にはラココのルミクス脱毛をおすすめします。VIOの脱毛は医療レーザーや一部のサロン脱毛では痛みを強く感じやすく、長続きしません。VIO脱毛は何度も施術する必要がありますが、痛みがあると挫折してしまいます。

でもラココのルミクス脱毛なら大丈夫! ルミクス脱毛はほんのり温かい光を何度か照射することで、皮膚の下の熱を蓄積させることで脱毛を促します。VIOの施術中でもぐっすり眠ってしまうお客さまも多いんですよ。不快感がないから、ストレスなく満足できるまで通っていただけます。

ラココでは全身脱毛だけでなくパーツ別の脱毛コースも用意していますので、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。