LACOCO COLUMN

自己処理とホームケア
2023.8.2
【2023年最新】脱毛前後の保湿方法を完全解説!

「脱毛サロンやクリニックの脱毛は脱毛機がぴぴぴっと照射するから、私たちは何もしなくていいんでしょ?」
そうおっしゃられる方がいらっしゃいます。たしかにその通りで脱毛は脱毛機が担当しますので、お客さまは施術中は寝ているだけ。でも日常生活の保湿が脱毛の効果やトラブルの発生に影響を及ぼすんですよ。今回は脱毛前後の保湿ケアに使用するアイテムや方法を徹底的に解説します。これさえ読めば脱毛の保湿ケアは完璧です!

そもそも脱毛サロンの光脱毛ってどんなしくみなの?

脱毛サロンで行われる光脱毛は、ムダ毛が生える組織に光を照射してムダ毛を抑制するしくみです。照射する光の温度は機種によっても異なりますが、40℃から80℃。とくにIPL方式と呼ばれる脱毛方式では60℃から80℃の比較的高い温度の光を照射しますので、熱さや痛みを感じることもあります。ラココでも導入しているSHR方式は40℃から50℃と暖かさを感じる程度です。

脱毛で保湿が大切な2つの理由

脱毛の施術期間中は保湿が大切といわれる理由は大きくわけると2つです。わかりやすく解説しますね!

施術時の痛みを軽減して適正なパワーで施術を進められる

お肌が乾燥している状態で脱毛機の光を照射すると痛みを感じやすくなります。お肌が乾燥しているということは、表面の水分や皮脂が不足しているということ。外部刺激からのガードが弱くなっている状態です。そこに高温の光を照射すると痛みや熱さをダイレクトに感じてしまいます。痛みを強く感じすぎると施術を続けることが難しくなるため、光のパワーを落とすケースもあります。光のパワーを落としたら脱毛効果も弱くなってしまいますよね。

でも、お肌がしっとりと潤っていれば、お肌が守られている状態。痛みや熱さを感じにくく施術中の不快感は軽減します。痛みを感じにくければ照射のパワーを下げずにすみますので、脱毛効果も下がりません。

施術後の乾燥肌をケアして肌トラブルを防ぐ

脱毛の施術は高い温度の光を照射しますので、お肌は乾燥状態。日焼け直後のお肌を想像するとわかりやすいかもしれません。日焼けしたお肌は乾燥してヒリヒリしていますよね。脱毛直後も、日焼け肌のように乾燥状態にありますので保湿が必須です。しっかりと保湿をしないことで、さまざまなお肌のトラブルが引き起こされるリスクが高くなってしまいます。

完全版! 脱毛期間中の保湿ケア!

つづいて脱毛サロンに通っている期間のお肌の保湿方法をチェックしましょう。お顔はもちろんですが、腕や足、お腹や背中など全身の保湿が必要です。でも、脱毛直前や脱毛直後は使用禁止のアイテムが多いので自己流での保湿はNGです。ここではお顔とボディの保湿にわけてくわしく解説しますね!

脱毛後8日目から脱毛前日までのケア

脱毛が終わって8日目から脱毛前日までの「平常モード」でも毎日保湿しましょう。日焼け止めは必ず毎日使ってくださいね。スキンケアで使用するアイテムはこちらです。

最適なスキンケアアイテムベターなアイテム
化粧水、乳液、クリーム、美容液などマルチタスクスキンケア
ボディ化粧水とミルク、クリームボディクリーム

平常モードの保湿のポイントは「化粧水だけ」で終わらせないことです。化粧水だけでは保湿は不十分で、むしろ乾燥を引き起こすことも。顔だけでなく体も化粧水とミルクやクリームを使いましょう。時間がないときはボディはボディクリームだけでもオッケーです。

脱毛当日のケア

脱毛当日は油分を含んだスキンケアアイテムの使用はNGです。油分がお肌に蓋をして脱光が届きません。また制汗スプレーやシートも毛穴を塞ぐため使わないようにしましょう。制汗スプレーやシートで毛穴が詰まり、光がムダ毛を作る組織まで届かず、思うように効果が得られません。ただし日焼け止めは忘れずに塗ってきてくださいね。日焼けでダメージを受けたお肌は脱毛NGとする脱毛サロンもあります。日焼け止めは脱毛サロンのスタッフが施術前に拭き取りますので、施術への影響もありません。

脱毛当日、直後のケア

脱毛直後はもっとも保湿が大切な時期です。脱毛当日は脱毛サロンの指示にしたがってしっかり保湿しましょう。保湿に使うのは化粧水やジェルタイプの保湿剤など「油分」を含んでいないものにしてください。

脱毛翌日から7日後まで

脱毛翌日から1週間が経過するまでは保湿が大切ですが、使用するアイテムが限定されます。具体的には以下のアイテムはNGです。

・乳液
・クリーム
・オイル

油分が多く含まれているスキンケアアイテムはお肌に蓋をしてしまいます。脱毛直後のお肌は内部に熱がこもっている状態ですので発散が必要。油分で蓋をすると熱が発散されずにこもってしまい、トラブルが発生しやすくなります。

脱毛後1週間程度は化粧水とミルクや、化粧水とジェルなど油分が少ない保湿アイテムを組み合わせて使用しましょう。

脱毛サロンですすめられる保湿アイテムは使っても大丈夫?

「脱毛期間中の保湿は使っていいものと悪いものが色々あってめんどくさい!」と感じる方は、脱毛サロンでおすすめする保湿アイテムを使ってみてもよいですね。多くの脱毛サロンは脱毛の施術期間中にぴったりの保湿アイテムを用意しています。脱毛サロンでは脱毛期間中のNGアイテムもしっかり把握した上で、保湿アイテムを選んでいますので安心して普段使いできますよ。