LACOCO COLUMN

脱毛×キレイ
2024.2.26
「脱毛肌荒れ」が気になるあなたへ!肌荒れの種類と脱毛の関係解説

脱毛は、肌に負担がかかるイメージがありませんか。実際、脱毛すると肌荒れしてしまう、肌が荒れていると脱毛できないのではないかと気になることも多いでしょう。
でも、安心してください。この記事では、そんな肌荒れの心配について詳しく解説していきます。

肌荒れの原因や脱毛後のケア方法、さらに肌荒れや敏感肌の人へのアドバイスも紹介しますので、ぜひ読んでみてください。
肌荒れがあっても、安心して脱毛できるように、しっかりポイントをおさえましょう。

脱毛と肌荒れは密接に関連している

脱毛すると肌荒れするのではないか、また、肌荒れしていると脱毛しないほうがいいのか、脱毛と肌荒れとの関連性をおさえておきましょう。

脱毛で肌荒れしてしまうことはあるのか

脱毛後は、赤みや痒み、ヒリヒリ感などの肌トラブルが生じることがあります。これは、毛包へ熱や刺激を与えることにより肌がダメージを受けるためです。特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の人は肌荒れを起こしやすいですが、適切なアフターケアと脱毛方法の選択により、肌荒れのリスクは減少します。

脱毛と肌荒れが連動する理由

脱毛時の肌荒れは、毛根へのエネルギーと高熱による肌への刺激が原因です。特にレーザー脱毛での高熱は、メラニン反応により皮膚を刺激し、赤みやヒリヒリ感、場合によってはやけどを引き起こすことがあります。そのため、脱毛には適切な冷却処置と肌の負担を抑える技術が不可欠です。

脱毛で起こり得る肌荒れの種類

脱毛によって引き起こされる肌荒れを避けるためには、まず肌荒れの種類を把握しておく必要があります。

赤み・炎症・ヒリヒリ感

脱毛後の肌反応の一つに、「赤み・炎症・ヒリヒリ感」があります。これらは、脱毛装置が皮膚の毛根に熱を加えることで生じる反応で、一時的なものがほとんどです。

症状特徴対処法
赤み脱毛後すぐに見られ、数時間〜数日で自然に治まることが多い保湿や冷却パックで冷やす
炎症肌表面が赤く腫れ、通常は数日以内に収まる冷却や抗生物質の塗布
ヒリヒリ感熱を感じるような感覚、多くは脱毛直後から数時間で解消保湿や冷却で症状緩和

毛嚢炎とその治療方法

「毛嚢炎」とは毛の生えている毛穴部分が炎症を起こす症状で、赤みや腫れ、痛みを伴うことがあります。脱毛後の摩擦や汗などで感染しやすくなっている肌に細菌が入り込むことで起こります。特に自己処理を繰り返して肌が荒れている場合や、衛生状態が悪い場合に発症しやすいです。

毛嚢炎が発生した場合は以下の方法で治療しましょう。

1. 温湿布:赤みが出ている部位に温湿布をあて、炎症を和らげます。
2. 医療機関:重度の炎症や広範囲に毛嚢炎が広がっている場合は、医療機関での治療が必要となります。

色素沈着

「色素沈着」は、肌が刺激を受けた際にメラニン色素が過剰に生成されてしまう現象です。脱毛による色素沈着の特徴は以下のとおりです。

1. 前よりも肌の色が濃くなる
2. 変色部分が拡大することは少ない
3. 長期間放置すると改善が困難になる

やけど

レーザーや光を使って毛根を破壊する際に肌に過度な熱を与えてしまい、やけどを引き起こすことがあります。脱毛によるやけどの初期症状としては、以下のような特徴があります。

1. 焼けつくような痛み
2. 肌の色が赤くなる
3. 水泡ができる

これらの症状が現れた場合、すぐに脱毛を中断し、冷水で冷やすなどの応急処置を行いましょう。そして、速やかに皮膚科や美容外科への受診をおすすめします。

すでに肌荒れしている場合の脱毛で注意するべきこと

肌荒れしていると脱毛はできないと思う方が多いかもしれませんが、ポイントさえおさえて適切に施術すれば可能です。ただし、状態によっては避けた方がいい場合もあります。

ニキビがある場合の脱毛

ニキビがあるときに脱毛する場合は、慎重に対応しなければなりません。ニキビができている箇所を避けて脱毛する必要がありますので、本来はニキビが落ち着いたときに施術するのが望ましいでしょう。脱毛後は、アフターケアで保湿をしっかり行います。ニキビがあって少しでも不安なときは、脱毛サロンやクリニックで専門家に相談するのがおすすめです。

広範囲にニキビや肌荒れがある場合の脱毛

広範囲にニキビや肌荒れがある場合は、脱毛施術前にまずは改善するようにしましょう。ニキビや肌荒れがある部分に脱毛を行うと、刺激が加わり状態を悪化させる可能性があるからです。また、サロンやクリニックで、サンプルパッチテストを行って肌の反応をみてもらうことも大切です。

施術を始めるタイミングが遅れたとしても、安全に脱毛プランを立てるためには無理をせず、肌状態を優先しましょう。ラココでは、肌の専門家がお客様一人ひとりの肌状態を考慮した脱毛プランをご提案します。

アトピー性皮膚炎の場合の脱毛

アトピー性皮膚炎の方が脱毛を考える際は、肌の状態に注意が必要です。炎症が活動期の際は脱毛を避けましょう。安定期なら施術が可能ですが、肌への刺激には注意し、適切なスキンケアを行うべきです。いずれにせよ、専門家にきちんと状態を話して相談し、肌の状態に応じた施術方法やアフターケアを受けることをおすすめします。

敏感肌の場合の脱毛

敏感肌の方は、脱毛を進める前にまず皮膚の健康状態を改善させるようにしましょう。肌荒れがあると、脱毛による肌への刺激で症状が悪化する可能性があります。しかし、肌荒れに悩んでいる方でも、適切な対策を講じることで脱毛は十分可能です。かかりつけの皮膚科があるなら、脱毛を考えている旨を話して、医師に相談してみてください。あるいは、利用する予定のサロンやクリニックで状況を話してアドバイスを受けましょう。

脱毛後の肌荒れを防ぐためのアフターケア

脱毛後のアフターケア次第で、その後の肌の状態が変わります。やるべきケアを以下にまとめますのでぜひチェックしてみてください。

保湿の徹底

脱毛後の肌は、施術によって一時的に乾燥しやすくなります。そのため、保湿は必須となります。保湿を怠ると肌が乾燥し、炎症を引き起こす可能性があります。

まずは、脱毛した当日から始める「保湿ケア」です。シャワーを浴びた後や、就寝前など肌が清潔な状態で行うようにしましょう。

また、使用するスキンケア製品も重要です。刺激の低い、無添加・無香料・無着色のものを選び、お肌に優しくなじませてください。

肌荒れが治らない場合の対応

脱毛後の肌荒れが長引く場合、専門的な対応が必要となります。まずは、自己判断での治療は避け、専門家に相談しましょう。次に、脱毛サロンやクリニックに通っている場合は、担当者に症状を詳しく伝えることが大切です。これにより、適切なアフターケアの提案や、治療方針の見直しを受けることができます。

以下の表で、各症状への対応策をまとめていますのでチェックしておきましょう。

肌荒れの症状対応策
赤みが長期間残る脱毛サロンやクリニックに連絡
炎症が起きているすぐに皮膚科を受診
ヒリヒリとした痛みが続く冷却ケアを行い、改善しなければ専門医に相談

肌荒れには脱毛が効果的!?

もともと肌が荒れやすい方は、脱毛したくても躊躇してしまうケースが多いかもしれません。でも、肌荒れしやすいなら、なおのこと脱毛を検討してみることをおすすめします。

肌荒れしやすい方ほど脱毛がおすすめな理由

肌荒れの一因となる「毛穴のつまり」は、脱毛によって改善される可能性があります。余分な毛穴をなくし、肌の表面を滑らかにすることで、皮脂や古い角質が毛穴に詰まりにくくなり、ニキビや吹き出物の発生を抑えることができるのです。また、ムダ毛の摩擦による肌への刺激も軽減され、敏感肌の方は症状がおさまる可能性もあります。

しかし、すでに肌荒れがある場合は専門的なアドバイスが必要です。サロンなどの専門家に肌質や肌の状態に合わせた最適な脱毛プランを提案してもらい、安心して脱毛を行えるようサポートしてもらいましょう。

ラココに相談してみよう

肌荒れが気になる方は、ぜひラココにご相談ください。ラココには、脱毛と肌荒れの専門知識を持つプロフェッショナルなスタッフが常駐しています。

また、ラココでは一人ひとりの肌質や肌の状態に合わせたパーソナライズされた脱毛プランを提案します。例えば、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方には、肌への負担を最小限に抑えた脱毛方法を、また、ニキビや広範囲にわたる肌荒れがある方には、肌の改善を最優先した脱毛プランを提案します。

肌荒れの悩みは脱毛のプロに相談して安全に進めよう

この記事では、脱毛と肌荒れについて詳しく解説してきました。脱毛による肌荒れにはいくつかの種類があり、それぞれに適切な対処法があります。肌が荒れている方が脱毛するときは、適切な方法で施術を進める必要があり、脱毛後のアフターケアも重要です。

肌荒れや敏感肌の方は、ラココのプロフェッショナルにアドバイスしてもらいましょう。決して焦ったり無理をしたりせず、安心・安全に美肌を目指せる脱毛プランを時間をかけて検討してください。